Skip to content

肌を清潔にする

スキンケアはただ行えばよいわけではありません。まずは肌を清潔にしておくことが大切になります。肌を清潔にしておくというと、多くの人は毎日洗顔をすることだと考えるでしょう。もちろん毎日の洗顔も大切なのですが、重要なのは洗顔のやりすぎと正しい方法で行えているかという点です。スキンケアも同様ですが、洗顔する数を多くすれば良いというわけではありません。

洗顔また、正しい方法で洗顔をしなければ、逆に肌を傷つけてしまい、余計に皮脂を過剰に分泌させてしまう原因になるでしょう。ニキビの原因は皮脂の過剰分泌も関係しているので、皮脂が過剰分泌されないように注意しなければいけません。まず石鹸を付けて洗浄するのは1日2回程度で十分です。夏場は汗をかくので何度も洗顔する人もいるでしょうが、この場合には石鹸を付けないで行いましょう。

汗をかいてそのままにしておくのはよくありませんし、肌を清潔に保てなくなります。洗顔をするときにも、使用する洗顔料は皮脂を除去しすぎない物を使い、すでにニキビができている場合には、刺激が少ない物を選びましょう。それからスキンケアを行うことで、ニキビ対策ができるようになるのです。ニキビができないようにするためには、肌のバリア機能を高めるスキンケアが必要になります。