Skip to content

スキンケアの方法

ニキビ肌には普段のスキンケアがとても重要になるのですが、まずはニキビができる原因を知らなければ意味がありません。原因を知ることによって、より効果的なスキンケアができるようになるでしょう。ニキビというのはアクネ菌という細菌が原因で発生する慢性炎症性疾患です。アクネ菌が繁殖するのを抑えられれば、ニキビはできないということになります。アクネ菌も生き物なので、当然生きていくには最適な環境があるわけですが、アクネ菌に最適な環境を崩すことも重要です。

アクネ菌アクネ菌の餌となるのは皮脂なのですが、通常皮脂というのは肌を守るバリア機能になるので、絶対に欠かせない存在だと言えるでしょう。しかし、肌を不潔にしておくことで毛穴が詰まってしまい、本来であれば外に分泌されていなければいけない皮脂が毛穴の中で増えていくのです。この毛穴に溜まった皮脂こそがアクネ菌の食糧となり、増殖をしてニキビになってしまいます。このようにアクネ菌が発生する原因を知ることで、スキンケアの方法もある程度分かってくるでしょう。

まずは毛穴に皮脂が詰まらないように対策をすることと、皮脂が過剰分泌しないような対策をすることが大切です。いくら皮脂が正常に体外へ排出されても、必要以上に皮脂を取り除いてしまえば、過剰分泌して毛穴に溜まってしまう原因になります。よって過剰なスキンケアをしてはいけません。適切なスキンケアをすることで、肌の状態をよくすると共に、ニキビができにくい肌にすることができるのです。