Skip to content

バリア機能を高める

ニキビを予防するためには、肌のバリア機能を高めるスキンケアを行う必要があります。まずはスキンケア商品の見直しをしてみましょう。特に石油などが原料になっている界面活性剤が使われている物は避けるようにしましょう。天然成分由来の界面活性剤が使用されているものや、刺激が少ない種類のスキンケア商品がおすすめです。次に使用するスキンケア商品を正しく使いましょう。化粧品にもいろいろな種類が存在しています。

スキンケア使用する化粧品の種類によって使い方が異なるので、正しい方法を身につけておきましょう。これだけでも肌のバリア機能を高めるスキンケアができるのですが、商品を使わないでできるスキンケアも存在しているのです。それは化粧をする回数を減らすことと厚化粧を避けることです。化粧を厚くすることで、毛穴に化粧の残りかすが詰まりやすくなり、その結果皮脂が毛穴に溜まってニキビの原因になります。

よって化粧は薄くすることが重要になりますし、家にいるときは化粧をしないことも重要です。近年は女性が社会進出し、夜遅くまで働いていることも多いでしょう。そうなると疲れてしまうので、化粧をきちんと落とさずに寝てしまう人もいます。そうするとバリア機能が低下し、肌が清潔な状態を保てなくなるので、不潔になってニキビができやすくなってしまうのです。

肌を清潔にする

スキンケアはただ行えばよいわけではありません。まずは肌を清潔にしておくことが大切になります。肌を清潔にしておくというと、多くの人は毎日洗顔をすることだと考えるでしょう。もちろん毎日の洗顔も大切なのですが、重要なのは洗顔のやりすぎと正しい方法で行えているかという点です。スキンケアも同様ですが、洗顔する数を多くすれば良いというわけではありません。

洗顔また、正しい方法で洗顔をしなければ、逆に肌を傷つけてしまい、余計に皮脂を過剰に分泌させてしまう原因になるでしょう。ニキビの原因は皮脂の過剰分泌も関係しているので、皮脂が過剰分泌されないように注意しなければいけません。まず石鹸を付けて洗浄するのは1日2回程度で十分です。夏場は汗をかくので何度も洗顔する人もいるでしょうが、この場合には石鹸を付けないで行いましょう。

汗をかいてそのままにしておくのはよくありませんし、肌を清潔に保てなくなります。洗顔をするときにも、使用する洗顔料は皮脂を除去しすぎない物を使い、すでにニキビができている場合には、刺激が少ない物を選びましょう。それからスキンケアを行うことで、ニキビ対策ができるようになるのです。ニキビができないようにするためには、肌のバリア機能を高めるスキンケアが必要になります。

スキンケアの方法

ニキビ肌には普段のスキンケアがとても重要になるのですが、まずはニキビができる原因を知らなければ意味がありません。原因を知ることによって、より効果的なスキンケアができるようになるでしょう。ニキビというのはアクネ菌という細菌が原因で発生する慢性炎症性疾患です。アクネ菌が繁殖するのを抑えられれば、ニキビはできないということになります。アクネ菌も生き物なので、当然生きていくには最適な環境があるわけですが、アクネ菌に最適な環境を崩すことも重要です。

アクネ菌アクネ菌の餌となるのは皮脂なのですが、通常皮脂というのは肌を守るバリア機能になるので、絶対に欠かせない存在だと言えるでしょう。しかし、肌を不潔にしておくことで毛穴が詰まってしまい、本来であれば外に分泌されていなければいけない皮脂が毛穴の中で増えていくのです。この毛穴に溜まった皮脂こそがアクネ菌の食糧となり、増殖をしてニキビになってしまいます。このようにアクネ菌が発生する原因を知ることで、スキンケアの方法もある程度分かってくるでしょう。

まずは毛穴に皮脂が詰まらないように対策をすることと、皮脂が過剰分泌しないような対策をすることが大切です。いくら皮脂が正常に体外へ排出されても、必要以上に皮脂を取り除いてしまえば、過剰分泌して毛穴に溜まってしまう原因になります。よって過剰なスキンケアをしてはいけません。適切なスキンケアをすることで、肌の状態をよくすると共に、ニキビができにくい肌にすることができるのです。